第5回 ADLS岡山プロバイダーコース開催のお知らせ

米国における災害医療標準教育プログラムであるNational Disaster Life Support(NDLS)のBasic Disaster Life Support(BDLS)コースを受講された皆様へ。

Advanced Disaster Life Support(ADLS Ver. 3.1)プロバイダーコースを開催致します。受講枠に限りがありますので、お早めの申し込みをお願い致します。受講ご希望の方は、以下をお読みになり、メールにてご応募ください。BDLSの受講歴が必要になります。
本コースはADLSコースの地方開催になります。
なお、本来のADLS受講料は60,000円ですが、20,000円分は岡山県医師会のご好意で補助させていただいております(NDLSグローバルトレーニングセンター)。

日時:
平成30年3月10日(土)9:00~17:00
    3月11日(日)8:00~17:00 予定(2日間)
会場:
川崎医科大学附属病院本館11階東病棟臨床教育研修センター他
(〒701-0114 岡山県倉敷市松島577)
主催・共催:
公益社団法人岡山県医師会・川崎医科大学附属病院救急科
対象者:
BDLSプロバイダーコースを修了された方に限ります。先着36名まで。
講義内容:
ADLS講習内容:BDLSの知識を基により実践的な実習や模擬患者を動員したトリアージ訓練などを通じて、米国の災害対応を2日間でマスターします。日本語でおこないます。
申込方法:
必ずメール(chiiki@po.okayama.med.or.jp)にてお願いいたします。
件名に希望コース名(ADLSプロバイダーコース)を入れ、①氏名(ローマ字表記も)②生年月日(西暦) ③職種(医師の方はPhDの有無も)④所属 ⑤連絡先(電話番号、E-mail)⑥資料送付先(郵便番号・住所)⑦BDLS 受講場所・年月日⑧懇親会参加について(有・無)
応募締切:
12月4日~2月5日まで受講申込の方はadls-info@po.okayama.med.or.jpでメーリングリストを作成して返信します。
受講費:
40,000 円(英語テキスト代含む)このコースは全ての受講生が、各自事前・事後登録するシステムになります。
受講生の方は受講前に、
①個人アカウントの登録(BDLS で個人アカウント登録済みの方は不要)
②受講するコースの登録
③プレテストをWEB で受ける
必要があります。
締め切り後、事前案内をメーリングリストにてお知らせいたします。プレテストをおこなわないと受講登録ができませんのでご注意ください(合否、受講可否の影響はありません)。
懇親会について:
17:30~20:00(予定)
第1日目(3月10日)終了後、懇親会を開催致します(会場8Fレストラン楷の木)。
今後の救急医療のあり方への指導や助言等をいただく貴重な機会になります。
また、催し物を計画しておりますので奮ってのご参加をお願いします。
参加費:4,000円(受講費とは別口で当日徴収致します。)
お問い合わせ先:
ご不明な点がありましたら、コースコーディネーター 岡山県医師会理事 松山までメール chiiki@po.okayama.med.or.jpにて件名にADLS問い合わせと入れ、ご連絡お願いいたします

第8回 BDLS (Basic Disaster Life Support)東京 プロバイダーコース開催のお知らせ

米国における災害医学教育プログラムである Basic Disaster Life Support(BDLS)を、第 7 回 BDLS 東京プロバイダーコースとして開催致します。
BDLSはBLS(蘇生)やBTLS(外傷)と同様に、米国における災害分野の標準教育プログラムで、現在まで世界で12万人を超える人々が受講し、2015/10/26にはACEP(米国救急医学会)が個人に対する価値ある災害トレーニングであるとの声明を発表し益々広がりつつあります。米国で行われている内容そのままで開催致します。多くの方々 のご参加をお待ちしております。

NDLSグローバルトレーニングセンター日本事務局
日時:
平成30年2月4日(土)9:00~17:00(予定)
会場:
東京医科歯科大学(〒113-8519 東京都文京区湯島 1-5-45)
※会場について詳細は後日お伝えいたします。
主催・共催:
東京医科歯科大学医学部 救命救急センター/救急災害医学分野
対象者:
医師・看護師等の医療従事者、消防(救急隊)・警察・海上保安庁の方、行政機関職 員の方、学生、災害医療関係者等 100 名
参加費:
13,000円(英語のテキスト(eBooks)・昼食代含む)
講義内容:
8時間の講義、筆記試験(全て日本語で、座学で行います。)
応募方法:
https://goo.gl/forms/sGk7ReiXfuyEysJw1
上記アドレスにアクセスし、必要事項を記入してください。
*インターネット環境によってはアクセス出来ない場合があります。その際はお手数ですが、スマホから試してみてください。
応募期間:
平成29年12月4日~平成30年1月4日
(定員を超えた場合は地域性を考慮し抽選とさせていただきます)
受講可否につきましては、締め切り後1週間以内にご連絡いたします

ご不明な点がございましたらE-mailにて件名に医科歯科BDLSコース問い合わせと入れ、ご連絡お願いいたします。

第7回BDLS (Basic Disaster Life Support)岡山 プロバイダーコース開催のお知らせ

アメリカ合衆国における災害医学教育プログラムであるBasic Disaster Life Support(BDLS)第7回岡山プロバイダーコースを開催します。BDLSはBLSやBTLSと同様、米国における災害の標準医学教育プログラムです。米国で行われている内容そのままで開催します。多くの方々のご参加を期待しております。

NDLS Global Training Center JAPAN事務局
日時:
平成29年12月17日(日)8:50~17:00
場所:
川崎医科大学附属病院本館11階東病棟 臨床教育研修センター
※会場について都合により変更する場合があります。
(〒701-0192 岡山県倉敷市松島577)
主催・共催:
公益社団法人岡山県医師会・川崎医科大学附属病院救急科
対象者:
医師・看護師等の医療従事者、消防(救急隊)・警察・海上保安庁の方、行政機関職員の方、学生、災害医療関係者等  100名(先着順)

参加費:
医師・歯科医師10,000円(テキスト代含む)
医師以外(医学生も含む)8,000円(テキスト代含む)
講義内容:
8時間の講義、筆記試験(全て日本語で、座学で行います)
応募方法:
必ずメールにてお願いいたします。件名は「BDLS受講希望」と入れ、
①氏名(ローマ字表記も)
②生年月日(西暦)
③職種 (医師の方はPhD(博士号)の有無も)
④所属 
⑤連絡先(電話番号、E-mail)
⑥資料送付先(郵便番号・住所)
を添えてください。

*受講生は、受講前に①個人アカウント登録②受講するコースの登録③プレテストをWEB上で受ける必要があります。締め切り後、事前案内をメーリングリストにてお知らせいたします。プレテストをおこなわないと受講登録ができませんのでご注意ください(合否、受講可否の影響はありません)。

応募期間:
平成29年10月6日〜11月16日(定員に達し次第締め切ります)
受講可否につきましては、締め切り後1週間以内にご連絡いたします
(bdls-info@po.okayama.med.or.jpでメーリングリストを作成して返信します)。
お問い合わせ先:
ご不明な点がありましたら、岡山県医師会副会長 松山まで件名に「BDLS問い合わせ」と入れ、ご連絡お願いいたします。
連絡:
なお、第5回ADLS岡山プロバイダーコースを平成30年3月10日(土)、11日(日)同会場にて開催します(12月4日より応募開始)。ADLSの受講にはBDLSの受講歴が必要になります。本コースはADLSプロバイダーコースの地方開催になります。奮ってのご参加をお持ちしています。