第3回BDLS (Basic Disaster Life Support)岡山 プロバイダーコース開催のお知らせ

たくさんの方に受講いただき,大盛況のうちに終了致しました

アメリカ合衆国(USA)における災害医学教育プログラムであるBasic Disaster Life Support(BDLS)第3回プロバイダーコース岡山を開催します。BDLSはBLS、BTLSと同様USAにおける災害の標準医学教育プログラムであり、アメリカ医師会(AMA)が運営するコースです。USAで行われている内容そのままで開催します。多くの方々のご参加を期待しております。

NDLSグローバルトレーニングセンター日本事務局
日時:
平成25年11月17日(日)9:00~17:00
会場:
川崎医科大学附属病院本館8階 大講堂(〒701-0114 岡山県倉敷市松島577)
主催・共催:
公益社団法人岡山県医師会・川崎医科大学附属病院救急科
対象者:
医師・看護師等の医療従事者、消防(救急隊)・警察・海上保安庁の方、行政機関
職員の方、学生、災害医療関係者等 150名(先着順)
参加費:
医師・歯科医師10,000円(英語のテキスト代含む)
医師以外(医学生も含む)8,000円(英語のテキスト代含む)
講義内容:
8時間の講義、筆記試験(全て日本語で、座学で行います。)
なお、受講修了後日、AMAより受講修了書が発行されNDLSグローバルトレーニングセンター日本事務局より郵送されます。
応募方法:
必ずメールにてお願いいたします。
件名にBDLS受講希望と入れ、本文に、①氏名(ローマ字表記も)②生年月日(西暦) ③職種(医師の方はPhD(博士号)の有無も)④所属 ⑤連絡先(電話番号、E-mail)⑥資料送付先(郵便番号・住所)を添えてください。
応募締切:
平成25年11月8日(金)
(定員に達し次第締め切ります)
受講可否につきましては、締め切り後1週間以内にご連絡いたします
(bdls-info@po.okayama.med.or.jpでメ‐リングリストを作成して返信します)
お問い合わせ先:
ご不明な点がありましたら、コースコーディネーター岡山県医師会理事
松山
までE-mailにて件名に問い合わせと入れ、ご連絡お願いいたします
備考:
こちらに《Q&A》(pdf)をご用意しております。参加前にご確認ください。