第1回 BDLS静岡プロバイダーコース開催のお知らせ

たくさんの方に受講いただき,大盛況のうちに終了致しました

米国における災害医学教育プログラムであるBasic Disaster Life Support (BDLS) プロバイダーコースを下記のように静岡で初めて開催致します。BDLSはBLS、ACLS、ITLS(International Trauma Life Support)同様、米国における標準医学教育プログラムの災害医療版で、米国医師会(AMA)が運営するコースです。日本人の米国医師会認定インストラクターが米国で行われている内容を日本語で講習します。講義、スライドは全て日本語で行ない、内容は米国そのままで開催します。
多くの方々のご参加をお待ちしています。

日時:
平成25年6月30日(日)8:30受付開始 8:50~17:30
会場:
静岡県立総合病院 6階 つつじホール
対象:
救急隊、看護師、医師等の医療従事者 150名(定員に達し次第締め切ります)
参加費:
12,000円(テキスト代、登録料含む)
講義内容:
8時間の講義、筆記試験(全て日本語です。)
災害の基本事項、爆発および外傷を伴う災害、核と放射線災害、化学災害、自然災害、多数傷病者対応、生物災害、災害における公衆衛生等
なお、受講修了後日、トレーニングセンターより受講修了書が発行・郵送されます。
応募方法:
定員に達しました。多くのご応募ありがとうございました。

  1. 静岡BDLS申し込みフォームにアクセスしてください。
  2. 上記フォームより、氏名(ローマ字表記も)、生年月日(西暦)、職種(医師の方はPhDの有無も) 所属連絡先(電話番号、E-mail)等入力
  3. 「フォーム送信の受取確認」が入力されたご自身のアドレスに返信されますのでご確認ください。
  4. 「りそな銀行 神田支店 普通 1528143 ビーディーエルエス トサカナオキ」に受講料 12,000円を振込 その時点で申し込み完了です。

キャンセルの際も返金できかねますのでご了承ください。
*振り込みが確認された方には受講日の約1週間前には英語のテキストがNDLS日本事務局より送付されます。

備考:
こちらに《Q&A》(pdf)をご用意しております。参加前にご確認ください。